スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

トピックス 注目記事

スーパーカブのカブ たらしめる条件とは?

最近の投稿

スーパーカブ 通勤仕様のメリット

車通勤からカブ通勤にするメリットとは ①まずは、燃費 自家用車なら、リッターあたり、10kmが平均かと 各会社の交通費の換算でも、このあたりが相場では?
もちろん、車種や道路状況で変動しますが 軽自動車やエコカーでも20Km以上は、なかなか出ないのでは ですが、スーパーカブなら、50kmは、当たり前、 長距離のバイバスなどを経由すると60kmも通常に出る数字
ザックリ計算しても、燃費は、1/3 以下に
片道30km 通勤時間1時間ほどの場合 1日あたり、60km 3〜4㍑ リッター140円で計算しても 良くても420円 一般車だと、大体500円ほどに
それが、スーパーカブだと1㍑ 140円ポッキリ 
一日400円ほどの違い それが20日 一ヶ月だと 8000円の違いに
その他の維持費 保険 オイル交換 車検など
ザックリ(車種や条件で様々なので) と計算すると 年間で5万から6万の費用 それに対して、スーパーカブなら 原付きの税金と自賠責で
年間2400円と5年契約の1700÷5=3400円 で、合計5800円のみ
つまり、年間合計維持費として、
ザックリ計算して、 年間維持費で、 車とスーパーカブでは、6万円以上違うことに
もちろん、車両本体の値段やローンを考えると 年間10万以上違うことに ②通勤時間の短縮 原付二種=ピンクナンバーは「最速のシティコミューター」「街乗り最強マシン」との異名があるほど、コンパクト・軽量・パワフルの三拍子をそなえ、通勤手段には、うってつけのバイクなのです。 軽量で小型であるため、取り回しが楽で小回りも効き、ビッグバイクに比べてハンドル幅も狭めなので、渋滞路では、すり抜けなどの機動性を発揮。
加えて法定速度内であれば、軽量のメリットを活かし、ミドルバイクやビッグバイクも追い回す加速性能を秘めたマシンが多いのもポイントです。
スーパーカブ110や90の場合は、そこまでのパフォーマンスを求めるのは、無理がありますが
駐車場に入る時間も短縮できる
後述として 渋滞時の「バイクの“すり抜け”」は違反にはならない?
「すり抜け」とは、渋滞時などにバイクや自転車が車の横をスルーすること。 かつて筆者が白バイ警官に質問したところ、「信号待ち時など、車が停車している時は基本的に問題なし。また、走行中であっても制限速度内ならば違反の対象にはなりません。ただし…

スーパーカブ 中古購入時の注意点

スーパーカブって、新車でも なかなか値引きは、しないバイクの一つ
当然、中古は値段も状態もピンきり

「安くって、できるだけ良いモノ」が 消費者の心理

しかし、世の中 そう簡単には・・・・。

なので、 中古カブに出会ったら、まず状態を確認

① 第一印象←これ、結構大事デス
おっ、これは(p_-) 
全体が 光って見える シャキッとしている ツヤがある
大事に使われていた感じ。 つまり一目惚れって 感じかと?

などなど、出会ったカブの第一印象
これが、一番大事です。
多くの中古カブを見て回ると、だんだん わかる=カブセンサーが働くように
なります。

②コレは(゚∀゚) って カブに出会ったら、
慌てず、焦らず、各部の点検
●タイヤの状態(溝・キレ・キズ・汚れ) など
スキッドマークので具合 など ●チェーン チェーン点検窓から(伸び具合・サビ・汚れ)

●フレーム 特にステアリングステムのガタ
テスト走行して、ブレやガタがないか? 確認
●エンジンの異音 カムチェーンが伸びて ガチャガチャとした音が出ていないか?
●マフラーのキズや凹み サビによる腐食
やたら排気音がデカイ バリバリ音の場合は、マフラーに穴があるか、改造マフラーの可能性が

●トリップメーター もちろん走行距離を確認
ですが、メーターは、交換やメーター戻しの場合もあるので、
あまり、あてにならない
もちろん、ワンオーナーで改造なしの場合は、オリジナルメーターの可能性も高いが、
状態より、あまりにも低走行のトリップメーターの場合は、改造等の可能性も

●各種保安部品
ウィンカー・ヘッドライト・ホーンなどを点検

●ブレーキ 前後の効き、異音、ブレーキシューの摩耗具合
●オイル 適正量・汚れ具合を目視

●バッテリー

●プラグ

などなど、
細かく言えば、キリがないが、

そのような細かいところは、追々学習するとして

一番大事なのは、売る人=ショップの信用 が感じられるか?
コレまた、感のようなものですが

中古のカブは、同じものは、一つとしてない

もちろん、新車でも 当たりハズレ がありますが、
中古の場合は、そのフレ具合は、一段と大きくなります
=リスク増大

でも、あなたが、コレだと 思い 出会ったカブです。
一期一会を大事にして 
思い切りも大事です。
アレコレ悩んでいても、チャンスは、モノにできません。

中古なので、良いものは…

スーパーカブ 点検 オイル交換の考察

スーパーカブを購入して、まずやることは?
当然 ガソリンを入れる=満タン
自分のカブの調子のバロメーターとして、燃費は、満タン計算で 毎度 調べるのが良いかと
で、ある程度(10km)ほど走って
そのカブの調子・癖・不備・不満 などの様子をさぐる

で、次にやるのが、
前後のブレーキ調整・チェーンの張り具合やチェーンオイルの状態を確認
点火プラグをはずす

タイヤの空気圧・保安部品(ヘッドライト・ウィンカー・ホーン)の確認
バッテリーとオイルの状態を確認
空気圧計は、かならずガソリンスタンドにあるので、ついでにチェック
上記を確認したら、
とりあえず、オイル交換
新車及び交換済みを購入したら、1000Kmほどで、交換

現状のままの購入なら、すぐに交換

カブのオイルは、「ドジョウ主」としては、
1000Km毎を推薦しています。
と、申しますも、
ホンダのサイト及びサービスマニュアルには、3000Km毎で
との記載があるが、
それは、あくまで、最低ラインの場合のこと。
つまり、そのオイル交換サイクル(3000Km毎)でも 新車で買って3年間は、保証できる=保証条件内である だけのこと。

つまり、エンジンやギヤに対して、その頻度がベストでもベターでもナイわけです。

もちろん、化学合成オイルの最高品を最短(100km)で交換しても良いわけですが、レースをやるのでも無ければ、
それでは、何のためにカブを買ったのか? 
現実的ではなくなるので

「ドジョウ主」としては、
基本、
Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W-40 4サイクル用 1L 08233-99961 [HTRC3]

Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G4 SL 0W-30 4サイクル用 1L 08235-99961 [HTRC3]
を 季節や気温・走行状態(ツーリング・街乗り)
などにより、ミックスして 使い分けています。

つまり、
冬場の最盛期(氷点下が続く)場合は、
G4 0W-30 100% 

だんだん気温が上がるにつれ
G2 10W-40 の割合は、増やし、

夏場の30度を超える猛暑日の連続なら、
G2 10W-40 100% 

もちろん、街乗りや通勤オンリーなら、
コストも考えて、
Honda(ホンダ) 2輪用エンジンオイル ウルトラ G2 SL 10W…

スーパーカブ 中古 の選択

スーパーカブを購入にあたって、

まずは、選択として悩むのは?
新車か、中古か? では
新車しか お考えのない人は・・・・・・・・

ですが、カブの場合、中古も非常に豊富
もちろん程度や状態も 玉石混交 

「カブ道場」として、
カブの選択肢としては、

1つ、カブは、110にすべし 通勤、ツーリング、ちょい乗りにしても、110cc がベスト
新車の値段も50ccとほとんど変わらず、

にも関わらず、エンジンパワーに余裕があり、道路交通法にしても、原付きの縛りから開放され、
一般道に限ってですが、自動車とほとんど遜色なく、流れに乗れる。

その為、安全かつ、燃費に関しても無理にエンジンに負担をかけないため、燃費も50cc と変わらず、いや それ以上のことも
ドジョウ主のカブの場合でも、リッター50を切ったことがナイ
ツーリングでは、60オーバーが平均 となる

自前の免許の関係で 原付きしか乗れない人は、
今年の法改正で、原付き2種=小型自動二輪(オートマ限定=カブもOK)の免許の自動車学校での取得期間が3日から2日に短縮といった 
追い風があり、週末の土日を利用して 取得することが可能

ぜひ、この機会に 免許の取得を
すべての面で、50ccとは違った次元を体験できます。
2つ、カブの110は、中古にすべし もちろん、お金に余裕がある人は、・・・・・・ ですが、「カブ道場」の方針として、 「お金をかけず、手間、暇、愛情をかける」 がモットー
新車を購入する資金的余裕があるのなら、カスタム化やツーリング、他の趣味(釣り、アウトドア)などに 資金を投入するほうが、より 充実したカブライフができると
さらに、いい事に、スーパーカブの110は、 プロ仕様とし=新聞配達や郵便局などでも使われているため、球数が豊富 ただ、人気なため、程度がいいものは、すぐにインサイダーで右から左へ
ヤフオク・メルカリ・ジモティ などで、じっくり探すことをオススメ

当然、新車価格より安く購入でき、その浮いた資金で 自分なりのカスタム化を楽しむ 3つ、スーパーカブは、カスタムすべし
前回、このブログでもアップしましたが、 新カブ主になれば、必ず、ノーマルでは、物足りなくなります。
で、カスタム化ですが、 カブ主個人の 使用目的 通勤? 趣味=釣りなどの交通手段か? 純粋にツーリング仕様か? オフロード仕様か? ちょい…

スーパーカブ カスタム

スーパーカブは、カスタムすべきか?
ノーマルのまま、乗るべきか?
新型スーパーカブ110JA44 ノーマル仕様 スーパーカブ110JA07 フルカスタム
このテーマは、カブ主にとっても、永遠のテーマかと

が、
あえて、ココ「カブ道場」では、結論を出します。

「カブは、カスタム すべし!」 と
当然、反論は、あると思います。

ノーマルは、メーカが長年の実績と経験から、これがベストのバランスだと
専門家(エンジニア・デザイナー・営業マン=ディーラー)はたまた、
役人=自動車交通局技術安全部環境課 などの意見を取り入れ、
決定したものだから・・・・・・・・
郵政が郵便を配るために特注でカスタムしたスーパーカブ110MD JA43 郵便カブ
それを、あえて変える=カスタムすることは、そのバランスを崩すことになり、
耐久性などにおいて、良いことは、絶対にナイと

至極 当然の意見かと

でも、ちょっと考えて見てください。

そのバランスって、
「誰のための、バランスなんです?」か って、

つまり、その最大公約数って=だれもが納得できる=すべての人に中途半端な
ものになってませんか?

でも、それは、メーカーの指針としては、しょうがないこと=ベストの選択でしかありません。

つまり、スーパーカブを通勤やツーリング・ちょい乗りとしての交通手段
趣味として、使う個人=カブ主にとって、
その仕様は、ベストなのか? と

では、スーパーカブのカスタムのメリットとは、

①パーツが格安
なには、ともあれ、世界のスーパーカブ 
パーツは、どのバイクより豊富で、安い 世界規模で、

②情報が豊富
当然、情報もバイクとして世界一に多い
ネット上を探せば、海外にも多くのカブマニア=カブ主達の情報が

③コストパフォーマンス
耐久性や燃費など、コストパフォーマンス・維持費も最高に安い
原付き2種で、税金・保険(ファミリーバイク特約)など 特典?も豊富

④操作が簡単
軽く小型で、取り回し・操作も最高
足つき、車重(100kg前後)など、老若男女 に 誰でも簡単に操作できる
世界に誇るホンダの技術=ロータリー・リターンミッション
クラッチを手ではなく、足で操作
そのことにより、長靴やビジネス用革靴などでも、気軽に操作ができる

⑤そして、なにより 飽きない
今年、60週年を迎える スーパーカブ
日本ならず、世界中で、愛され続…

ハンターカブ・クロスカブ初代・クロスカブ現行型の3台の考察

ハンターカブ CT110
このカブは、カブ系の中でも、かなり異端なモデル

製造中止モデル
オーストラリアのモデルを最後に生産を終了した2012年から、ほぼ6年たった現在でも、非常にコアなユーザーを獲得してる

まずミッションがカブのようなロータリーミッションではなく、スポーツタイプと同類の リターンミッション
更に、モデルにもよるが、サブミッションとしてスーパーローのギアがある

6Vと12Vの仕様やオーストラリア・アメリア仕様など、様々なバリエーションがり、中古で購入する場合には、注意が必要

手動クラッチないのは、従来のカブと同じ

従来のカブとの大きな違いは、このクラッチ以外は、
ブロックタイヤやアップマフラーなど、 そのワイルドな外観が特徴

ただ、現在のカブでは、当然のFI(フューエルインジェクション)ではなく、
従来のキャブ仕様ため、始動性やサウンド・燃費などに違いが

が、それが逆にコアなユーザーの心を捉えて離さない原因の一つかと・・・・
初代クロスカブ EBJ-JA10 2018年 現在でも なんとか新車か、新車同様で購入できるモデル

自転車のクロスバイクのように、マルチパーパス(多目的)
つまり、オン・オフロード 両方をクロスさせたカブのイメージだが、
現行型クロスカブが出た今となっては、中途半端な印象に

オーストラリアの郵便カブ メールデリバリーMDをベースにしているためか、
大柄で、足つきやハンドルまでの距離は、従来のカブより遠い
小柄な人(女性ユーザー)などには、ちょっとキツイかも

オフロードというより、ビジネスバイクに近く、レジャーバイクを意識した割には、デザイン的要素が強い印象

歴代のカブの中では、かなり異色でレアなモデルなのでは?
ハンターカブでもなく、プロでもない といった

そして、
新型クロスカブ110(JA45) より初代ハンターカブを意識したデザイン

新型クロスカブ専用のブロックっぽい タイヤを標準装備

カブの象徴でもある、レッグシールドを潔く捨て、
ヘッドライトまわりも、よりアウトドアやヘビーデューティーにシフト

アップマフラーじゃないのが惜しい
が、とりあえず、メッシュデザインで雰囲気を

ざっと、3車を見比べると
共通するコンセプト=キーワードとして、
オフ・レジャー・クロス・マルチパーパス・アウトドア・遊び心・ヘビーデューティーなどの言…