スキップしてメイン コンテンツに移動

新型スーパーカブ110JA44 についての考察 

去年の11月だったか?発売は、
噂は、かねがね あったが、よ〜やく ってな感じ
なんせ、その前のスーパーカブ110JA10 の評判が・・・・・
中華製だの、丸目じゃない、カブらしくない、可愛くない・・・・
などなど、言いたい放題
まさに、散々の評判であった、
ネットでの評価や口コミですが
しかし、後継車のカブ110JA44が出た今となっては、
不遇であるがゆえに、異色で レアの存在として 燦然と輝きだす存在になりつつあるのでは?


新型カブ110JA44のデザイン譜系は、その前のオーソドックスなカブJA07丸目を周到
そのJA07は、惜しまれつつ、たった2年(2009年から2011年まで)で、製造中止
生産地が日本国内からシナへの移転にともない、デザイン・フレームから根本的に変更
そのため、現行型のJA44は、フレームは、1つ前のJA10を基本にしながら、デザインは、JA07以前の、カブ本来のコンサバ系なデザインに戻った
つまり、レトロ調のデザイン

もちろん、エンジン・クラッチ・ライト・ウィンカーなどは、リファインされ、LEDなど、最先端の技術を導入していますが

そのため、「カブ道場の主」としては、この新型カブ110JA44は、JA07とJA10の
いいトコ取り で、 従来からのカブ主や 日本人の従来からあるカブのイメージの最大公約数をとった、非常に優等生的なカブだと思うわけです。
で、さらに、今年の11月に発売が決定された、スーパーカブC125は、
そのような、優等生でありながら、エリート=生まれながらに、ビジネスバイク=労働者
ではなく、貴族的な雰囲気=レジャーや趣味的要素を持っているのような

その結果、小型原付き2種のカテゴリーで
通勤カブやツーリングに使える実用的なカブは、
10年落ちのJA07
異端で、レアなJA10
レトロ・モダンな 現行型JA44
エリートでノーブルな125C

の4種類が現存する。 

なんにしても、選択が増えることは、いいことだと 

次回は、
ハンターカブ クロスカブ初代 クロスカブ現行型の3台の考察など したいと思っている 次第でございます。
ハンターカブ


現行型・2代目クロスカブ